ピンチはチャンス

今年度全ての県内予選終了。

競技運営ミスほぼなし。
ドクター出番ほぼなし。

運営委員の努力と、
審判員の技術向上と、
選手のレベルアップの結果です。

千笑から電話。
インハイ出場競り合い逃し元気なし・・・

みむ「このことを後から振り返った時、
   ”あれがあったから今があるんだなあ”
   と思えるような未来を、
   これからつくっていったらいいやん」

結果をハラに落とし、
次にしっかり取り組めば、
ピンチはチャンスに変わるんです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください